阪神ファン目線 – 2021ドラフト総括

ドラフトってとてつもない制度ですよね。誰かが言ってましたが株式会社NPBに就職するために志望届けだして大々的に配属先に指名されていく。そこにはとてつもないドラマ、ロマンがあります。
今回は一阪神ファンの目線で今年のドラフトを振り返っていこうと思います。


私が今回のドラフトで阪神に必要なんじゃないかと思っていたドラフト優先順位は

1.将来のエース候補 右左
2.即戦力投手 先発、中継ぎ 左優先
3.将来の中軸
4.パワー型右打ち二遊間
5.変則投手

です。

取り急ぎ急務なのは即戦力の中継ぎです。そして投手全体で少ないのは左です。こちらは急ぎなので今回のドラフトでは何がなんでも獲得したいところ。

全体的には戦力は充実しているので将来性のある投手野手はどのポジションでも獲得して黄金時代を築く礎を作っていきたい。

それでは1位から見ていきましょう。


✖️ 1位 小園健太 投手 (市和歌山

今年のドラフトは阪神のウィークポイントである左投手がけっこう豊富です。なので2位以下でも残っているだろうと仮定して1位は阪神が伸びしろ含め最大限の評価をしている選手に行きたい。そこでおそらく悩んだのは小園、森木、隅田でしょう。ただ、この10年ぐらいのドラフトで1位の即戦力投手って阪神の場合ですが大成功のイメージがないんですよね。せっかく甲子園という高校野球の聖地がホームグラウンドなので同じぐらいの評価なら高校生を獲得したい。そこで悩んだと思いますが小園をとりにいきました。そして見事に外れます。


再入札 1位 森木大智 (高知高)投手

ここで1度目の幸運がきます。前評判では高校ビッグ3、小園、風間、森木、が評を集めるドラフトだと言われていました。それが大学生の隅田がこの秋とてつもなく評価を上げました。他にもブライトや山下輝、巨人が指名した翁田など、この秋最終的に結果をだして捲ってきました。あとは他の球団の補強ポイントが如実に出た結果なのですが、左の即戦力ピッチャーが急務な球団が多かった。ロッテ、楽天は将来性のある野手、中日は即戦力の野手、というところで思ったより1位がばらけました。阪神はファン目線ですが最終的に小園と森木の2択で悩んだと思います。高校生NO1の呼び声が高い小園にチャレンジする事を決意し、通常でしたらここで外すとズルズルいく可能性もあるところでしたが外れ1位で森木を一本釣り出来たのは結果的にドラフト戦略を考え直さずいける道に戻せました。

思いという意味では森木はずっと阪神が追いかけていた選手。中学生で150km投げた化け物投手が高校でどうなるのか、皆が注目していました。しかし高校時代は明徳義塾の高い壁に阻まれ、一度も甲子園の土を踏むことはありませんでした。幼い頃からのスターが高校で挫折を繰り返し一回りも二回りも人間として大きくなり、阪神という人気球団でどんな花を咲かすのか。阪神で活躍するにはとにかくメンタルが必須です。その意味では高校での試練は必ず役に立つ事でしょう。また、阪神のスター藤川球児と同じ高知出身です。球児も高校の時は甲子園に縁がなかったのですが阪神に1位指名され甲子園のスターになりました。これも縁なので森木君が9回リンドバーグの曲で出て来てとてつもないストレートを投げている。そんな夢をみてしまいます。


2位 鈴木勇斗(創価大学)投手

今ドラフトはいい左腕がけっこういるのでここで補強ポイントのひとつ、将来性の高い右のスラッガーが残っていたら狙いたかったのですが、まさかの松川虎生、吉野創士、の二人が1位指名されました。そして2位でも日ハムに有薗がとられここまでで1から2位クラスの右の高校生野手はいなくなりました。こうなると最大の補強ポイントである左の即戦力ピッチャーですね。現在選べる1番評価している左投手にいった印象です。鈴木も外れ1位候補にあがるほどの投手なので満足な指名が出来たと思います。阪神は左投手が補強ポイントでしたが、右でもよければ廣畑敦也が残っていました。その後3巡目、阪神の手前、ロッテにとられましたが3巡目まで残っている投手ではないという印象。直前でプロの評価を落としたのか、やはりどこも左不足で右投手の補強は後回しになったのか、残ってるならとりたい投手でした。ロッテには松川、2位で阪神も補強ポイントだと思っていた右の内野手池田来翔、そして先発も抑えも即戦力でいける廣畑敦也と欲しい選手を3人もとられました。というより私の欲しい選手なので井口監督と今回は考え方が似ていたのかもしれませんね。


3位 桐敷拓馬(新潟医療福祉大)投手

直前で廣畑敦也をとられましたが、ここは私がかねてより欲しかった超高校級スラッガー前川が残っていました。個人的にはここでスラッガー候補で4位で左の即戦力もう一枚と思っていました。

残っている目ぼしい選手

右投手 赤星優志
左投手 石森大誠、木村大成、石田隼都、桐敷拓馬、
高校生スラッガー候補 阪口楽、前川右京

ここで欲しかったのはこんな感じです。

球団がこの中で誰を1番評価していたのか。補強ポイントと見比べて桐敷にいきました。やはり右より左。左でいくと上記の木村、石田は高校生なのでここではもう一枚即戦力が欲しかったのでしょう。となると石森と桐敷なのですが石森もとてもいい選手なのですが社会人で25歳。桐敷はニッカンなどの評価では外れ1位あるんじゃないかという評価でした。矢野監督もここまで残ってるとはって感じでした。
これは阪神の本気度を伺える指名でウィークポイントの左腕不足を1年で絶対埋めるという、おそらく今年の最大目標だったんだろうなと思いました。しかも即戦力で。1位は将来のエース、2.3位で左の即戦力というのは決めていたように思います。これがプロの指名かと地に足が着いた指名に感心させられました。


4位 前川右京(智弁学園高校)外野手

4位ぐらいになるとそろそろみんなが欲しい選手がいなくなっていきますね。ただ、3位の段階で完全に諦めた選手が残っていました。3位から4位の折り返し「出るなよ〜出るなよ〜」と思ってましたがこれはどうやら矢野監督も同じ気持ちだったようです。巨人あたりはまじで狙ってると思ってたのでまぁ残ってなかったら誰にしようか考えてました。スラッガー候補でいうと大学生ですが梶原あたりが残ってるなーとか。そして阪神の番に回ってきました。「いけー」と。その通り矢野監督が前川の名前を呼んでくれました。これが本日2度目の幸運ですね。プロの評価では4位まで残るんですね。守備と足の部分ですかね。振る力と肩は超高校級で智弁学園の監督曰く飛ばす力は現巨人の4番、元智弁学園の岡本より上という記事をみました。左の岡本とかわくわくしますよね。私が欲しかった理由は面構えとバッターボックスの雰囲気。甲子園で結果が出せるスター性。技術面ではタイミングの取り方。意外と早く出てくるんじゃないかと思わせてくれます。左バッターは懸念として甲子園の浜風があります。しかし阪神は意外と左バッターの名選手が多いんですよね。掛布、バース、金本、福留、そして佐藤輝明。夏の甲子園での前川の活躍を見てるとほんと甲子園が似合う超強打者、甲子園のスタンドに運んでくれる将来が見えます。3年後、前川、井上、佐藤、大山の布陣が完成しましたね。


5位 岡留英貴(亜細亜大学)投手

さて、5位の折り返しはすぐなので残ってる選手で欲しいところ。ウィークポイントとしては右の内野手、特にセカンドなのですが今年はほんとにここが少ないんですよね。という事で高校生投手を探していました。左投手は2枚とりましたので右。将来性のある右投手か、やはりウィークポイントで中継ぎ適正のある右投手。

残っている目ぼしい選手

高校生右腕 畔柳亨丞
即戦力右腕 長谷川稜佑、横山楓


この順位で残ってるんだと思ったのは上記の3人

誰かなと思っていたらその手があったか!と思いました。去年も狙っていたのですが第5の補強ポイント、というかブルペンに一人は欲しい変則投手。今回も変則投手枠でリストアップはしていたのですが最近メキメキ評価を上げていた選手がいました。それが岡留です。もうあだ名はドメになっちゃいますね。サイドスローで150km。現在プロでは超レアな横投げクセの強い投手です。阪神には青柳を育てた実績があります。ソフトバンクの高橋礼を見た時もこんなピッチャー欲しいなーと憧れたものです。流石阪神スカウト陣。素人の考えでは及ばない会心の指名でした。あっぱれ矢野監督。こういう指名は楽しみが出来るので嬉しいですね。阪神の中継ぎエース岩崎はドラフト6位、今やエース級の活躍の下投げ青柳はドラフト 5位です。この順位でも充分エース級のピッチャーになれると確信してます。矢野監督もこれもまたこの順位で残ってるかという評価でした。


6位 豊田寛(日立製作所)外野手

6位ともなると球団がリストアップしてるどうしても欲しい選手、スカウト推薦枠になってきます。去年のドラフト6位の中野はスマッシュヒットでした。この豊田という選手は私は全く知らない選手だったので調べると、高校時代あの名門、東海大相模で現中日の小笠原、オリックスの吉田凌とともに甲子園出場。その時の4番打者だったようです。高校時代からリストアップされる選手なのでスカウト陣は長い間追いかけてきて今年開花したという感じでしょうか。阪神のスカウトを信頼しているので蓋を開けたらこの豊田が1番活躍しているみたいな事もあるかもしれません。知らないだけにとても楽しみが増えました。


7位 中川勇斗(京都国際高校)捕手

ここで確信しました。矢野監督高校野球好っきゃなーと。この選手は170cmと小柄ながら夏の甲子園でホームランを打つなど、この夏かなり評価を上げたキャッチャーです。特筆すべきはフレーミング。古田のように一度ミットを下げて動かしながら捕球するので審判を惑わす捕球マジシャンです。私は見てないのですが当時そのフレーミングがtiktokでバズったようです。間違いなく矢野監督はそのtiktok見てますね。
私の友達の高校野球マニアに「今年のドラフト候補の高校球児で注目してる選手は?」の問いにドラフトかかるかわからないけど中川君が1番好きで注目してますと返ってきました。そしてドラフト7位で指名されたというのが矢野監督、あんた高校野球めちゃくちゃ好っきゃなーと思った理由です。前川、中川獲りはもう確実そうですよね。でもしっかりとした評価の上での獲得ですので期待しています。プロでキャッチャーを育てるのはとても難しいと思いますがしっかり育ってまた甲子園で見たいですね。


育成1位 伊藤 稜 ( 中京大学 )

育成でも左投手を獲得するというのは今年投手のやりくりに苦労したのが窺えます。伊藤は充分戦力になる力はあると思います。去年今年と怪我があったのが影響してるようですね。左で150kmの中継ぎ左腕は貴重なので金の卵として期待してます。


以上育成含め8人の指名でした。

1.将来のエース(左右)森木大智
2.即戦力投手(左優先)(中継ぎも)鈴木勇斗、桐敷拓馬、伊藤稜
3.スケール型野手(高校生)前川右京
4.強打の二塁手(右優先)ナシ
5.変則投手岡留英貴
高校生捕手中川勇斗
右の大砲豊田 寛

とてもバランス良くしっかりと補強ポイントを埋めました。確実に戦力が上がりましたね。森木がハズレで残っていた不幸中の幸い。2.3位はチームの補強ポイントを埋める左腕指名。それでも私と矢野監督が求めていた前川が4位まで残っていた事。待望の変則投手、右の大砲、甲子園活躍捕手まで獲得でき、今年のドラフトは阪神にとても運があったように思います。私のシュミレーション以上の結果になったと思います。

一昨年、去年に続きあっぱれドラフトに脱帽しております。

矢野監督は小園1位でいきましたが、もし獲れたら2位でバッテリーの松川虎生いこうと思ってたんじゃないかな。そういうロマンのある指名を私も願っていましたが、ロッテの1位松川の段階でその夢は敗れ小園も外しましたが、そのおかげでずっと追いかけていた森木、甲子園のスター前川と中川を獲得できました。これがいい縁になる事を願います。

矢野監督、あんた高校野球好っきゃなー

にほんブログ村


阪神タイガースランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。